お悩み別ページ

シミ・くすみ

シミには、老人性色素斑(人の肌のピークが25歳のため、医学的には25歳以降は老人性とされる)、雀卵斑(そばかす)、後天性真皮メラノサイトーシスなどがあります。老人性色素斑と雀卵斑は、比較的皮膚の表面に近い場所に発生するため除去しやすいですが、後天性真皮メラノサイトーシスは、原因であるメラニンが皮膚の奥深い真皮層にあるため、除去が難しいとされています。
くすみは広い意味で、肝斑ととらわれることが多いようです。肝斑は微細な炎症が肌の奥で起こっている状態で、その原因は、紫外線やストレス、摩擦といわれています。多くの場合は、女性ホルモンの減少と共に解消されていきます。
シミ・くすみの治療には、「フォトシルクプラス」「フォトフェイシャル『M22』」が威力を発揮します。また、プラセンタ注射やビタミン注射、高濃度ビタミンC点滴などを併用することでより高い効果が期待できます。肝斑には、トラサミン、シナールの内服も効果があります。

シワ

シワには、加齢が原因で肌の中にあるコラーゲン、水分、肌組織の弾力性の減少により引き起こされる真皮ジワ、乾燥が原因のちりめんジワ、表情を作ることによりできた表情ジワがあります。

シワの改善には、患者様のシワの状態により、ボトックス、ヒアルロン酸、レディエッセの注入療法が効果的です。また、コラーゲンの生成を促進するTitan、ジェニスを併用することでより高い効果が期待できます。ただし、シワを改善することで、表情が作りづらくなるケースもあるので、施術には熟練した医師の診断が重要です。

たるみ

加齢が原因で、肌の中にあるコラーゲン、水分、肌組織の弾力性の減少により引き起こされます。

たるみをとるために最も効果が期待できるのは、患者さまお一人おひとりの状態に合わせたオーダーメイドリフト。あきこクリニックが、自信を持ってお勧めできる施術です。また、外科手術による施術の前段階として、「フォトシルクプラス」「フォトフェイシャル『M22』」などの光治療もお勧めです。

毛穴、角栓

毛穴が広がる原因は、皮脂の過剰分泌やたるみ、ニキビ跡などです。広がった毛穴に、汚れや古い角質が加わることにより、広がった毛穴は黒く見えるようになります。

コラーゲンの生成を促す「CO2フラクショナルレーザー」で、肌質の改善が期待できます。また洗顔、保湿など、ふだんのお手入れについても、医師がアドバイスいたします。

あきこクリニック オフィシャルサイト
  • btn_02.png
  • 24時間相談窓口