ドクター紹介

あきこクリニック 美容皮膚科医師

皮膚科医27年の女性医師
藤田 佳子(フジタ ヨシコ)

経歴

平成2年 東京女子医科大学卒業
同年 昭和大学病院皮膚科医局入局
平成8年 北青山病院 勤務
平成10年 神奈川クリニック 勤務
平成21年 あきこクリニック 勤務

藤田先生インタビュー

患者様と悩みを分かち合えるドクターでありたい

美容皮膚科を志したきっかけは

大学卒業後、昭和大学病院皮膚科医局に入局しました。そんな中、青山にある総合病院の皮膚科に出向しました。20年前に遡ったお話ですが、土地柄もあって、シミやくすみ・脱毛の相談をされる患者様がとても多かったのです。これほど患者様のニーズがあるなら、レーザー等の美容治療について正しい知識を得たいと、美容皮膚科の専門クリニックに週に2回勤務することになりました。

そのクリニックでは、レーザー脱毛やシミの治療から始めて、光治療まで幅広い施術を経験しました。これだけたくさんの患者様が悩みを持っているということは、この先、絶対に必要になる分野だと確信したことが美容皮膚科医としての現在に至っているのだと思います。

信頼できる美容皮膚科を探すには

担当してくれる先生ととことん話すことに尽きると思います。メリットだけではなく、デメリットも包み隠さず話してくれる先生がいいですね。

美容皮膚科は、病気を治す場所とは違いますから、特にドクターと患者の相性は大切です。ご自分が考えている施術と違う方向性を提示された場合は、別のクリニックに行く勇気も必要だと思いますよ。

診察、施術する際に心がけていることは

患者様が「今後どのようになっていきたいか」という方向性をお話しながら読み取る様にしています。ご自身でもよくわからない、定まっていないという患者様も多いですが、お話や言葉のニュアンス、ライフスタイルなどを伺って、「こうなりたいのかしら」と一緒に考えていく様に心がけています。

美容皮膚科に行くことを迷っている方へ

患者様の中には、「総合的な施術を受けたいけれど、今一番気になっているところだけをきれいにしたい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。シミでもシワでも一度気になりだすとそこばかりに目がいってしまいますよね。総合的な肌レベルを上げる治療をご提案しお受け頂くと、皆様に「1回でこんなに効果が実感できると思わなかった。施術を受けて本当に良かった」とご満足頂き、こちらも嬉しい気持ちになります。

できる限り患者様の思いやご希望に寄り添うことを大切にしておりますが、より効果が期待できる施術があるのであれば、そちらもお勧めしています。納得して頂くまで十分に話し合うようにしています。施術を受ける・受けないは別にしても、美容皮膚科にいらっしゃることをもし迷われているのであれば、カウンセリングは無料ですから、お気軽にご来院下さるとうれしいです。

女性だからこそ楽しみも美しさも大切にしたい

休日の過ごし方は

休日は、食べ歩きをすることが多いです。クリニックのスタッフや、気のおけない友人とお食事と会話を楽しんでいます。「痩身の患者様にカウンセリングしなければいけない立場なのに、あなたが太ってどうするの?」と亜希子先生に笑われております。
きっと食べたり飲んだりする好きな時間で、気持ちを切り替えているのかもしれません。

ご自身が美容面で心がけていることは?

保湿に関しては、誰にも負けないくらい気を配っていますし、手間暇もかけています。美しい肌を保つためには、紫外線対策と保湿が重要だと思っています。自分の肌に合うもので、しっかり手をかけることが大切です。その日の体調や肌の具合・気温などを考えながら、丁寧に自分の肌と向き合っています。化粧水や乳液もただつけるのではなく、「今日の肌はこの部分はいい感じだけれど、こっちは保湿が足りていない」というようなことを意識していると違ってきます。そうなってきたら、もう手入れせずにはいられなくなります(笑)。

お家でのお手入れでお肌のベースが整うと、光治療もより効果的ですので、ホームケアからご提案させていただきます。

あきこクリニック オフィシャルサイト
  • btn_02.png
  • 24時間相談窓口